初めての夜行バス☆徹底リサーチ

top > 夜行バスについて > 夜行バスは安全な移動手段であるのか?

夜行バスは安全な移動手段であるのか?

 夜行バスは長距離の移動を低価格で移動できる便利な交通手段です。
移動にお金や時間をかけたくない人にとっては最適な手段ですよね。
しかし、夜行バスは良いことばかりではありません。
その他の交通手段に比べて特に劣っている面は安全面です。
飛行機や電車は周りに多くの人がおり、犯罪が起こる可能性は少ないです。
しかし、夜行バスは車内が暗く、かつ寝ている人が多いため、飛行機や電車に比べると犯罪が起こる可能性は高くなっています。
また、飛行機や電車に比べて、夜行バスでは事故の起きる可能性も高くなっています。
このように、安全面で夜行バスは他の移動手段に比べると劣っています。
しかし、安全面で劣っているからと言って、各会社とも何の対策もしてないことはありません。
では、夜行バスは安全面でどのような対策が施されているのでしょうか?

 まず、夜行バスに乗って1番気になるのは運転手の体調です。
この対策としては、健康診断等による運転手の疲れや眠気の管理、そして病気などのあらゆるリスクの予防をしています。
また、車載カメラや眠気察知システムにより、運転中の運転手の状況を営業所で確認している会社もあります。
次に、犯罪面についての対策です。
特に女性の方は、隣の人が男性か女性かによって大きく居心地が変わってくると思います。
しかし、近年は女性の乗車客同士を隣に配置する会社が多くなっています。
また、女性専用エリアを導入しているバスも増えていっています。
そのため、女性の1人利用でも安心して利用することができますね。
最後に、車両に施された対策です。
バスの車両には、ドライバーモニター、車両ふらつき警報、衝突被害軽減ブレーキなどが施されており、こちらも多くの安全対策が施されています。

 このように、飛行機や電車より安全面で劣っている夜行バスでも、多くの対策が施されています。
ただ大きな事故を報道で知ったことで、安全面に不安を覚える人々も少なからずいるでしょう。
たしかに、飛行機や電車は大きな事故がほぼゼロであるため、それと比べた夜行バスは不安を覚えるかもしれません。
しかし、今まで怒ったような大きな事故は夜行バスの運行本数を考えるとごく僅かな件数であり、99.9%の夜行バスは安全に目的地へ辿り着いています。
つまり、夜行バスも安全と言えるのです。
そのため、低コストで安全な夜行バスは、移動にお金をかけたくない人にとっては最適な移動手段であるのです。
今まで移動手段に困りながらも、安全面を考えて夜行バスに手を出すことができなかった方は、ぜひ一度利用して自分の身で体験してください。

次の記事へ

ページトップへ