初めての夜行バス☆徹底リサーチ

top > 夜行バスについて > 夜行バスのメリットとデメリット及び利用のポイント

夜行バスのメリットとデメリット及び利用のポイント

 夜行バスを活用するメリットとして、圧倒的な差の低価格があります。
何をおいても夜行バスを活用することの一番大きい利点はリーズナブルであることです。
とくに、年末年始については新幹線と同じく繁忙期のプライスとなることはありますが、そうだとしてもこういったアクセス方法と比較するとリーズナブル価格で移動することができます。
さらに、 バスの活用によって、睡眠時間自体を移動へとあてることが可能といえ、時間をうまく活用する事ができます。
その上1泊相当分のホテル代などをカットする事ができると考えてみるとお得と考えられます。
近年では水平の辺りまでフラットとなるシートやクッション性のハイレベルなシート、プライベートのためのスペースを調達してくれるカーテンなどでリフレッシュできる眠りに入れるようにそれぞれの会社でいろいろな設備を整備しています。
気持ちの良い安眠を取りながら、起きた際は現場に到着が可能です。

 留意すべき点として、予定と比べて遅くなる可能性があります。
とくに年末年始については一般道路並びに高速道路も渋滞することになります。
連続のお休みを介して帰省する人やリゾート地へ向かう人が移動するからです。
そういう理由から高速バスは渋滞へと巻き込まれ、予定時刻が間に合わない可能性もあります。
非常に重要な予定は余裕を持って構築するのが賢明でしょう。
そして渋滞に関しては、あらかじめバス会社などが前もって渋滞予想を発表していることから、サイトなどをチェックしながらスケジュールを組み立てましょう。
さらに、時間がかかることもデメリットといえるでしょう。
新幹線と比べますと、移動に時間がかります。
1つの例として新幹線と比べた場合、東京、新大阪間はおおむね2時間30分ですが、高速バスの所要時間はおおむね8~9時間です。

 以上のようにメリットとデメリットがありますが、夜行バスを有効に活用する際の押さえておきたいポイントがあります。
まず、持ち物をしっかりとチェックしましょう。
バス内で使用するものは座席へ、小さくない荷物はトランクという仕分けをしないと困る可能性があります。
それから、 持ち込む荷物には、 翌朝一番で用いる荷物を取り入れておくことが大事です。
また、スーツを着て乗らないこともポイントです。
その理由は、シワがつくためです。
シワだらけのスーツで目的地に行ってしまうと、 イメージが良いとは言えません。
能力ではない因子でイメージが悪くなってしまうのは無益です。
少なからず労力がかかりますが、スーツケースに入れ運びだし、到着してからに着替えることが重要になります。

次の記事へ

ページトップへ