初めての夜行バス☆徹底リサーチ

時間的に余裕があるなら夜行バスで移動するとよい

旅行の際に時間を重要視するなら飛行機や新幹線が一番良いと考えますが、そうではなく時間に余裕がある場合、夜行バスをおすすめします。夜行バスはその名の通り夜間のうちに移動して朝には目的地に着くような仕組みです。

夜行バスは一般的には高速道路を夜間運行する訳ですので、その間に就寝して朝起きた頃には目的地には到着します。飛行機、新幹線と比較すれば時間はかかりますが、その分料金はかなり安いです。もし時間的に余裕があるのであれば夜行バスの方をおすすめします。

飛行機や新幹線の場合はあっという間に目的地に到着するので食事やお手洗い等の心配はあまりないと考える人が多いです。夜行バスはどうかというと同じくそれほど心配はいりません。なぜなら定期的にサービスエリアに停車して休憩時間を設けているからです。その他、夜行バスの中の設備は充実していて仮眠グッズ等もあるので心配いりません。

VIP LINER

公式サイトはコチラ

POINT

主要都市や有名テーマパークへ格安で移動可能
充実した車内サービスで快適な時間
安心と安全を提供する女性だけのバスを用意

東京・大阪間や東京・名古屋間などの主要都市を中心に、VIP LINERは夜行バスや深夜バス、高速バスのサービスを提供しています。また、有名な各都市にあるテーマパークへの直行便も用意されており、格安の価格で利用することができます。

各車両にもよりますが、車内には充電設備やWi-Fi搭載、低反発シートやプライベートカーテンなどが揃っていて快適な移動空間を提供してくれます。リクライニングの際に便利なモニター付きの電動バックシェルシートもあり、テレビモニターの利用も可能です。

サイトからは簡単に路線の検索や予約を行うことができ、好きなタイプのシートからバスを選ぶシステムも導入しています。女性専用車両もありますので女性の方も安心でき、出発や到着の際にはパウダールームが設置されたラウンジでくつろぐこともできます。

リンクオブマインド株式会社

公式サイトはコチラ

POINT

日頃からバスを利用する人にも優しい格安夜行バスをスピード検索
旅行のスタイルに合わせてバスのタイプで選ぶことも可能
希望期間の最安値の夜行バスや高速バス情報も充実

移動手段として出来るだけ費用を抑えたいと考えるなら、リンクオブマインド株式会社の提供する夜行バスは格安で利用をすることができます。それぞれのニーズにマッチした、夜行バスや高速バスを簡単検索できるので便利です。

目的地まで快適なバスの旅をするなら、リンクオブマインド株式会社の提供するサイトであり、夜行バス探しも期間最安値や条件から探すことができます。時刻表もあるので出発到着時刻も一目瞭然であり、出発場所や目的地から選ぶことも可能です。

気軽な格安夜行バスが利用できる、リンクオブマインド株式会社のバスブックマークカスタマーセンター営業時間は、月曜日から金曜日は9:00から18:00まで、土曜は9:00から17:00まで、日曜日と祝日は13:00から17:00までが対応可能です。

バスブックマーク

バスのる

公式サイトはコチラ

POINT

障害者の方にも安心、障害者割引を実施
大山山麓の大自然によって育まれた、ミネラルウォーターの提供
ブランケットの貸し出しによって睡眠をサポート

夜行バスを利用する方の中には、日中にスマホやノートパソコンを利用して、充電に困られている人もいるでしょう。バスのるが提供している夜行バスの中には、充電のコンセントが備えている車両も数多くあります。そのため、次の日のスマホやノートパソコンを利用するための、充電も確保できるため、安心して次の日を送れます。

Wi-Fiを完備している車両がほとんどであるため、車内にいながらパケット代を気にせずインターネットも利用できます。ただし、バスのるの夜行バスは、マナーとして他人に迷惑がかからない範囲で利用を心掛けなければなりません。

意外にも自分の体臭とは気がつかないものであり、マナーとして消臭スプレーなどを利用するのもお勧めです。特に喫煙者の方は、その点について意識を高めておくのも大切です。

バスのる

オリオンツアー

公式サイトはコチラ

POINT

いろいろなツアーの予約ができる
24時間オンライン予約なので便利
格安で観光ツアーに参加できる

夜行バスを利用したツアーに出かけたい時は、夜行バスできちんと休憩もとってくれるオリオンツアーを利用すると良いでしょう。オリオンツアーではとても多くのツアー商品を用意していますし、休憩もきちんと時間をとってくれるので快適な旅ができるようになっています。

とてもリーズナブルな料金体系のツアー商品が多くなっているので、お金に余裕はないけれど、ツアーに参加して楽しみたいという人にはぴったりです。これなら満足度の高い旅行が実現できるでしょう。しかも、オリオンツアーの予約であれば、24時間オンライン予約可能になっています。

リアルタイムに多くの情報が更新されるので、常に最新のツアー情報が確認できます。バスだけではなく、JRを使ったツアー等も多く計画されていますので、自分にあったツアーの予約が可能です。

サンシャインツアー

公式サイトはコチラ

POINT

キャッシュレスで手軽に支払いができる
予約システムにポイント制度を導入している
1人からでも日帰りで出かけられるスポットが多い

サンシャインツアーでは出発地に合わせて、さまざまな夜行バスによる日帰りや宿泊の旅行プランを提供しています。1人からでも参加できるツアーが多く、初めての人でも参加しやすいです。また、ツアーの種類によってはアミューズメントパークのパスポートや、スキー場のリフト券などがついているプランも存在しています。日本全国さまざまなところに出かけられるため、魅力が多いです。

オンラインから24時間好きなときにツアーを申し込むことができるため、外出先からでも手軽に申し込めます。クレジットカード払いやコンビニ払いなどが大半ですが、申し込む方法によっては銀行振り込みやキャッシュレスでの支払いも可能です。キャッシュレスでの支払いなら割引が可能となっているため、お得に支払えるでしょう。

オンライン予約によってポイントを貯めることができ、貯まったポイントはツアーの料金支払いに使うことができます。サンシャインバスのグッズに交換できるわけではないため、注意してください。100円で1ポイントがつき、1ポイント1円で利用されているため、比較的安価で手にいれやすいでしょう。

東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
当日15時まで予約OK!

ミルキーウェイエクスプレス

公式サイトはコチラ

POINT

WEB経由で簡単に夜行バスの予約ができる
インターネットのセキュリティ体制も充実で安心
東京や名古屋に大阪など夜行バスを格安で利用することができる

WEBサイトからバス予約ができるのがミルキーウェイエクスプレスであり、会員登録を済ませるとさらに夜行バス予約もスムーズです。希望路線や検索でバスを選び、ネットで予約し、代金の支払いはクレジットカードをはじめ、コンビニなどの現金決済もできます。

事前に支払いを済ませておくことができ、集合場所には入金確認メールや予約受付確定票を受付へ持って行けばすぐに乗車ができます。出発時間30分前からは、出発前緊急連絡先も利用をすることが可能です。

ミルキーウェイエクスプレスの営業時間は、電話受付が月曜から金曜は10:00から18:00まで、土日祝日は13:00から18:00までです。

「ミルキーウェイエクスプレス」高速バス予約プロモーション

夜行バスの評価できる点と注意点

夜行バスの利点は、安価という点があります。 とにもかくにも、やはりリーズナブルというのが夜行バスの一番大きなアピールポイントということになります。1つの例として、東京大阪間なら、片道2,000円から3,000円ぐらいです。新幹線は15,000円くらいです。どの位お手ごろなのか理解できるでしょう。さらに、深夜帯に走行する夜行バスは、道路がかなり空いています。トラブルに巻き込まれてしまうことなく、ストレスフリーで走る夜行バスであれば、信頼して寝ることができると考えられます。その上夜行バスは、朝早くに目的地に着きます。そのせいで、到着日はフルで観光が楽しめます。また朝発であれば、何処に足を運ぶにしろ、夕方や夜間になってしまいます。このような時間ロスを失くすうえでも、寝ている時間を移動時間にあてがうことが可能な夜行バスは素晴らしいです。

この他には、夜行バス内で仮に熟睡しても、寝坊する可能性はありません。行き着くと起こされるため、寝坊によって失敗することはありません。その上、夜行バスは荷物を入れるスペースが外にあります。スーツケースやリュック、キャリーバッグなどは、置いておけば邪魔になりません。バス内にはハンドバッグのような最小限度の持ち物だけ持参するとうまくいくでしょう。しかしながら、夜行バスにはデメリットもあります。 着くのが朝早すぎる点があります。 最終到達地点まで行く時間帯は、ほとんどのケースで早朝と言えます。早く到着した場合には、店や施設などがオープンしていなくて、開いているのはコンビニエンスストアや24時間レストランなどしかないケースもあります。 目的地が存在したり、待ち合わせなどをする場合、時間を潰さなくてはなりません。

さらに、長時間にわたって座る状態で足を伸ばせなかったり、或いはサービスエリアで休憩を挟むごとに点灯する車内の明かりがあります。なんてことのない音が気になることもあり、こういった条件のなか就寝できなかったという人もいます。 眠れても、熟睡できないと感想を持つ人もかなりいるでしょう。加えて、アクシデントに巻き込まれてしまうことはあり得ることです。そして、車内は見ず知らずの人のみがいるために、いよいよ眠った場合の犯罪防止について、気掛かりになることも自然な心理と言えるでしょう。大事な物は、荷物入れにしまうことが大事です。その他は、盗まれない取り組みを施すことが欠かせません。 1つの例として、貴重品についてはポーチにまとめ、腰後ろに置くことです。タブレット、ノートパソコンは、就寝するときにはシートのサイドに保管するなど、気をつけなければなりません。

ページトップへ